時宗 教浄寺  
 

岩手県盛岡市 時宗 教浄寺 ブログ 「教浄寺の四季」

 
<< サルスベリ | main | お盆最終日 >>
新盆合同法要

今年のお盆は8月11日が土曜日(山の日)、12日が日曜日で連休だったため、本来の盆入りである13日以前にお参りする方が多かったように思います。

さて、お盆二日目の14日に新盆合同法要を厳修いたしました。昨年から行なっている法要で、新盆を迎えられた方には、棚経か(住職がご自宅を訪問して読経をする)、本堂での合同法要を選んでいただいております。今年はほとんどの方が合同法要を選ばれました。

新盆とは、亡くなられて初めて迎えるお盆のことです。単純に考えると昨年のお盆(平成29年8月中旬)から今年のお盆(平成30年8月中旬)の間に亡くなられた方が対象になります。が、いわゆる「49日」が絡んでくると、ややこしくなります。宗派にもよりますが、仏教では、人が亡くなると極楽浄土への道を歩み始め、七週間後(49日目)に到達すると考えられています。なので、例えば昨年の6月30日に亡くなられた方は今年のお盆が新盆ということになります。また、今年7月に亡くなられた方は、まだ極楽への道のりを歩いている途中なので、来年のお盆が新盆に当たります。とはいうものの、そのあたりは融通を利かせても大丈夫でしょう。仏教は厳しい面がある一方、案外寛容なところがたくさんあります。ご先祖を敬うお気持ちがあれば問題ありません。

【2018.08.15 Wednesday 09:39】 author : kyojoji
| - | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kyojoji.jp/trackback/1627620
トラックバック
» RSS1.0
» Atom0.3